インプラント
審美歯科
かわかみ歯科
〒663-8111
兵庫県西宮市二見町8-19
ライオンズマンション
甲子園口二見104
TEL.0798-69-3911

【診療時間】
平日/午前9:30〜12:30
午後14:00〜19:00
土曜/午前9:30〜12:30
午後14:00〜17:00
<木曜日・日祝休診 >

かわかみ歯科 インプラントについて


impl.jpg虫歯や歯周病、または事故などで歯を失ってしまうことがあります。歯を失うと、うまく話すことができなかったり、食べ物をきちんと噛むことができなくなったりと、また顎の骨が痩せて、様々な面で不快感を感じます。
これまで多くの歯科医院で行われていた治療は、入れ歯を入れたり、ブリッジで歯の働きをカバーするものでしたが、患者さまにとって満足する結果が得られない場合が多いです。

インプラント治療とは、歯のない所に人工の歯根を入れてほぼ自分の歯と同じ感覚で咬んで頂ける第二の永久歯と呼ばれている治療方法です。人工的に作られた歯ではありますが、しっかりとあごの骨に固定するため、自分の歯のようにしっかりと機能してくれます。

当院では多数の症例があり、安心で安全な治療法となっております。チタン製の小さなねじのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。数ヶ月(個人差があります)で骨とインプラントをしっかりと結合させた後、インプラントの上に人工の歯を取り付けます。




◆インプラント治療の特長

・インプラント本体が顎の骨に直に癒着しているので、自分の歯と変わりなく固いものでも噛むことができます。
・装着後、自分の歯の様になじんで、違和感がありません。
・ブリッジのように失った歯の応力を残っている周りの歯に負担させることがないので、歯の寿命を延ばすことができます。口腔衛生の管理に気を配り、適切にケアすれば長持ちします。
・抜歯をすると、そこの顎骨が吸収され失われてしまうのですが、インプラントを行うと、骨量が保全され、アンチエイジングになります。顔の老齢化も防いでくれます。
・ただし、心臓病や糖尿病など、全身疾患がある場合、また骨の状態が悪い場合は治療できないことがあります。

●インプラントの治療の流れはこちらへ>>


◆当院で使用しているインプラント

当院では、安全性と耐久性に優れたHAインプラントを使用しております。

 HAとは?
歯や骨はハイドロキシアパタイトという無機質成分で構成されています。このハイドロキシアパタイトをHAと呼び、医療の分野では欠損した骨の補填材料や歯科用研磨剤として広く用いられています。人間の歯や骨とほぼ同じ成分のため体の中に長期間入れても安全なのです。

 HAインプラントとは?
インプラント体
に骨と同成分であるHAをコーティングしたインプラントをHAインプラントと呼びます。チタン製のインプラントの表面にHAをコーティングすると、インプラントと骨との間にカルシウムが沈着しやすく、またHAが積極的に骨と結合しようとするのでインプラントの骨のすき間の結合が早くなります。HAインプラントは、(HAで覆わない)チタンのみのインプラントやニッケルインプラントに比べ、 インプラント材と骨組織や歯肉などとの親和性・結合性が優れていますし、HAコーティング層の溶解・消失にきわめて高い抵抗値を示します。
また、治療期間が大幅に短縮され、治療費も削減できるなど大きなメリットがあります。

 HAインプラントならどれも同じ?
HAインプラントの利点を生かした様々なHAインプラントが研究・開発されています。
当院では、その中でも安全性・耐久性共に優れている、Zimmer dental社のスプラインというHAインプラントを使用しております。 Zimmer dental社が開発したMP-1プロセスという極めて画期的な結晶状HAコーティング法は、世界でも非常に高い評価を得ています。従来のHAはチタンより生体内で溶けやすいのが難点でしたが、この方法を用いれば金属成分の溶出がほぼ抑えられるのです。 また、アバットメント(人工歯の土台)の回転抑止やスクリュー(歯茎に埋め込むネジの部分)の弛み防止などにすばらしい能力を発揮し、多くのインプラントに起こるトラブルを防止できますので、患者様は安心・安全にインプラント治療を受けていただけます。


<症例 1>
治療前のCT画像
1200_6689.jpg

治療前に状態を3次元映像で把握できるのでより安全に治療を進めることが出来ます。


1200_6691.jpg

以前から前歯の調子が悪かったので、来院されました。
上のCT画像のように歯の根の先に大きな病巣が見つかりました。
治療前
1200_5610.jpg残念ながら抜歯しなくてはいけなくなり、インプラントをするご決心をされました。





抜歯
1200_5714.jpg抜歯後すぐに仮歯を作ってお使いいただきます。
CTの結果、骨は非常に少なかったのですが何とかあるところを探してインプラントを埋入しました。




治療後
1200_6663.jpgきれいな固定式の歯が入って大変お喜んでいただきました。しかも、抜歯前の不快感がなくなり快調です。
今後はこの快適性を維持していくために定期メンテナンスをさせていただきます。






<症例 2>
下顎左側のインプラント
治療前
前1.jpg 以前から下顎左側のブリッジが咬むと痛いので、来院されました。詳しく検査をさせていただくと残念ながら抜歯しなくてはいけない状態でした。
インプラントを入れるには顎の骨の幅が狭い難しいケースでしたが、インプラントをするご決心をされました。



治療後
術後1.jpg
虫歯のない両隣の歯は触らずに、きれいな固定式の歯が入って大変喜んでいただきました。
しかも、以前ブリッジの不快感がなくなり快調です。

術後アップ.jpg
今後はこの快適性を維持していくために定期メンテナンスをさせていただきます。





<症例 3>
上前歯のインプラント
治療前
術前.jpg古い被せが外れて来院されました。
詳しく検査させていただくと、歯の根の先に大きな病巣が見つかりました。
残念ながら抜歯しなくてはいけなくなり、インプラントをするご決心をされました。

術前2.jpg
抜歯をしましたがすぐに仮歯を作ってお使いいただきます。




治療後
術後.jpg骨が部分的に非常に少ない難しいケースでしたがうまくインプラントを埋入できました。
虫歯のない両隣の歯を削らずに、きれいな固定式の歯が入って大変喜んでいただきました。

術後アップ.jpg

今後はこの快適性を維持していくために定期メンテナンスをさせていただきます。







 

お問合せアクセスリンク